スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
大会前日なのにトラブルは続く!?
空いた時間にロボットのスイッチを入れる。すると、キュイイイイン。プシュン。あれ?

昨日のブログの内容に引き続き、ロボットの調子がおかしい。無線はきかない。ホームポジションもだめ。でも、スイッチを入れなおすと、三回に一回の割合で、正常に戻るので、その貴重なタイミングを見計らってせっせとモーションを作る。しかし、一定の時間がたつと、下半身がフリーの状態に落ちる。

一応、最低限のバトルモーションは入っているのですが、無線も動いたり動かなかったりで、徐々に諦めモードに陥いりつつあったなか、追い討ちをかけるようにRCB1がH-to-Hのデータを読み込まなくなってしまいました。

大会前日に・・・先日のこども病院慰問のときのトラブルといい、ワイルダー01は本当に呪われてしまったのか・・・

気を取り直して、背部の基盤カバーを開けてみる。コネクタの収まり具合をもう一度注意深く確認するも、不備なところは見当たらない。これはどうやら、僕の手には負えないトラブルが発生しているのだろうなあと、ため息をつきながらPCのシリアルポートとRCB1を繋ぐケーブルを抜いてみると、

ピコピコ、キュイイイイン・・・

突然ホームポジションに戻りました。無線のほうもバッチリです。ためしにもう一度ケーブルをRCB1のコネクタに差し込んでみると、キュイッと鳴って、奇妙なポーズに逆戻りしました。

問題はどうやらこのケーブルのコネクタ口にあったようです。ケーブルを挿したまま何度も転倒していたので、その蓄積がコネクタ口に不必要なスペースを作っていたのでした(コネクタ口を交換したらすべて元通りになりました[きゃのんさん、お気遣いありがとうございました])。

やれやれ、一件落着。明日は、とりあえず一つは勝つ!
スポンサーサイト
2006-10-13 21:05 | ロボット製作日誌 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://hirokatsuno.blog70.fc2.com/tb.php/59-fda4effc
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。