スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
サッカー大会とはいっても・・・
サッカー大会とはいっても、実は初日のスプリントとロボキックの総合タイムで上位12機体に入らないと、二日目のサッカー大会に出場することは出来ない。ということで、前回のロボスプリント3000@ロボスクエアのタイムを参考に、予選通過タイムの予測をしてみると・・・

これが前回の記録になります。       

  ロボスプリント3000
(in博多どんたく 5/3@ロボスクエア)

1.   6.76 ありまろ5(スミイファミリー)
2.   8.92 アリウス(スミイファミリー)
3.   9.13 トコトコ丸(網野梓)
4.   9.28 R-Blue(吉村浩一)
5.   12.46 Omuni Zero(井高秀樹)
6.   13.29 ヨゴカスタム(だうと)
7.   13.90 Omuni Zero.1(近藤隆路)
8.   16.35 アフロ(菅原ゆうすけ)
9.   18.06 キューブ(森敬充)
10.  23.75 ちかまるくん(戸畑享大)
11.  27.31 Metaric fighter(森永英一郎)
12.  33.28 ワイルダー01(かつのひろふみ)
13.  41.92 Gパワーローダー(角さん)
14.  42.13 九共大-ZERO(武田)
15.  44.77 KSU-HAMADA MK-2改(岩尾 光太郎)
16.  47.05 Robovie-M3 (榎谷英里子)
17.  48.44 九共大ー疾風(水井雅彦)
18.  50.95 ロボ助(古賀俊宣)
19.  1.14.29 GOLD DIGGER(ひろのっち)
20.  TIME UP失格- RB1000(マスザキ)

出場ロボットの詳細がまだ分かってない現在、この記録がどれだけ参考になるかどうか分かりませんが、ロボスクエアのHPには「有名ロボット続々登場」といった感じのことが書かれていたので、少なくとも同じようなメンバーがいらっしゃるのだと思います。

この競技に関しては、私は何とか12位にくい込んでいるのですが、前回不本意な成績に終わった他の九州組の急速なレベルアップをこの目で見ていますし、スプリントに関しては20秒前後出さないと、残れるタイムに入ってこないかなあと思います。しかし、今の機体で20秒(パンチカーペット3M)はかなり難しい!

ロボキックの競技内容は「ロボットを中心に90cmの間隔で置いた4つのボールを番号順に足でキック」となるのですが、アールティさんのロボビリヤードランキングキックの部のタイムから換算すると(ロボビリヤードのボール数は8個)、速いロボットで30秒前後になるのでしょうか。実際のところクリアタイムは全く予測がつきません。

僕の目標は、スプリント25秒に、ロボキック1分といったところです。何とか大またの安定した早足モーションが完成できれば可能なタイムかなと。しかし、有名ロボットと一緒のフィールドに立てるのは嬉しいものです。前回はR-Blueの隣のレーンでしたが、さて今回は?
スポンサーサイト
2006-07-18 00:15 | ロボット製作日誌 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://hirokatsuno.blog70.fc2.com/tb.php/20-0aab381b
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。