スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
第5回二足歩行ロボット九州練習会(これで写真はほぼ打ち止め)<その参>
さてさて、第5回九州練習会レポートの最終回です。

ロボビルダー冥利に尽きるとき、それはやはり自分のロボットが観客の笑顔と興奮を誘うことが出来たときではないでしょうか。もちろん、目の肥えた大人や他のロボビルダーを唸らせるのもロボット製作の際の大きな動機、または製作者として目標とするひとつの到達点になりえるのかもしれませんが、やはり目を輝かせた子供達が自分のロボットを取り囲むシーンは、何物にも変え難い喜びの源になると思います。大人になった自分が子供達のヒーローになるという幻想が現実のものとなる瞬間なのでしょう。

ロボスクエアで練習会を行っていると、我々の作業はいつも一般の来訪者の方々の目にさらされています。興味本位で気軽に話しかけてくるお子さんもいれば、離れたところから鋭い視線を向けられている中高年の男性の方々もいらっしゃいます。いずれにしても、多くの方が二足歩行ロボットを間近で(もしくは現実のものとして)見るのは初めてのようで、ロボットが歩く姿を披露する度に感嘆の声があがったり、写真をお願いされたりします(九州組での一番人気は今のところholypongさんのAutomo01でしょうか。今回の練習会でも写真をおねだりされていました。)。

このように「見られている」という環境で練習会を行うとなると、モーション作成においてもお客さんの反応がある程度念頭に置かれることになってきます。となると、ロボット製作の動機が単なるものづくりへの趣向という域を超え、エンターテイナーとしてパフォーマンスを行う楽しみというものも含まれてくるわけです。とはいっても、いつもそこまで時間や気持ちの余裕があるわけではありませんし、個人レベルでの意識差もあるでしょう。しかし、少なくともそういう環境で練習会を行えるというのはロボビルダーとして非常に恵まれたことであると思います。

と、前フリが長くなってしまいましたが、練習会午後の部第一番目の来訪者は九州組の参謀であり、ある時はロボスクエア所属(?)のレフリーとして貴重な存在である、大林さんです。今回もいつものごとく、登場早々おもむろに白い手袋(軍手)を取り出し、両手にしっかりと装着され、その流れで早速holypongさんロボキックトライアルの判定をされていました。
KICX1322.jpg

KICX1345.jpg
レフリーの方がいらっしゃると、観客の反応はもちろんのこと、操縦者の真剣度も普段とは異なり、バトルやタイムトライアルもかなり引き締まった展開をみせます。「ロボット操縦の上達には10回(100回?)の練習より1回の本番」とはどこかで聞いた名言ですが、本番レベルまでとはいかずとも、レフリーつきの練習は非常に実りあるものです。

その後しばらくして、九州練習会唯一のロボノバ使いさんが到着しました(申し訳ありません、まだお名前を伺っておりません!)ロボノバ使いさん(仮)も既に常連さんで、いつもきっちりとしたモーションを披露されるのですが、今回は機体の姿に大きな変化が見られました。
KICX1334.jpg
「誕生」・・・
これがいったい何を意味するのか、今のところその理由は本人のみぞ知るという状況なのですが、おそらくこのロボノバ内部に何かしらの技術革命が起こっているに違いありません(笑)。次回の練習会でもっと突っ込んだ話を訊いてみたいと思います。

そして、当日最後の訪問者は、これまたロボット自作派のきゃのんさんです。「眠れる巨人」Chenlongがいつ目を覚ますのか、皆が楽しみにしているところではあるのですが、
KICX1336.jpg
当人は2号機の製作に着手されているとかで、これまたひとつ九州組に新たな期待がうまれそうです。

そして、今回の練習会の〆にと、初めて九州組機体だけでの集合写真を撮りました。
KICX1357.jpg
ちなみに怪しげな白い物体を頭に載せた右から二番目のロボットが私のワイルダー01です。今回は、準備期間が足りず、練習会の貴重な時間を使って、バラバラの機体を組上げたところでタイムアップとなりました。

と言うことで、今回の練習会は10名&8ロボットの参加となりました。通常より、2、3名少ない参加ではありましたが、いつものごとくロボスクエアの皆さんには大変お世話になり、充実した時間を過ごさせていただくことが出来ました。次回の練習会は8月19日となります。詳しい情報はここで後日またアップしますし、ロボスクエアのHPにも詳細が出ると思います。興味のある方は是非参加されてみてはどうでしょうか。見学大歓迎ですよ。

                       
            番外編(九州組内輪ネタ含)
練習会後、いつもの笑X2で打ち上げ。食事メニュー全品3割引で、飲めや食えやのあっという間の3時間半。どういうわけか、ダークサイドに落ちかかっている人もいましたが(笑)、懇親会あってのロボットという図式も成り立つような気もします。しかし、そろそろ他の店も発掘しましょうか・・・
スポンサーサイト
2006-07-14 19:29 | 九州練習会@ロボスクエア | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://hirokatsuno.blog70.fc2.com/tb.php/17-74ba586e
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。