スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
追い込み調査
最近は最後の資料集めに奔走しています。昨日と今日で、朝日新聞のデジタルアーカイブからロボットをキーワードに、興味深い記事をコツコツと拾っていく作業を実行中です。

ロボットというキーワードで二万件以上ヒットしたのですが、デジタル化されているだけにかなり楽です。とはいっても全文が見れるのは1985年以降の記事に限るので、それ以前のものはタイトルだけ当たって、記事は縮刷版でコツコツ確認するしかないのですが、ロボットの言説が盛り上がってくるのは1980年以降なので、まあギリギリセーフといった感じです。

ワード文書に落として二日間で約15年分、1500ページほど集まりましたが、プリントアウトせずに済んだのも大きい!今までは学会誌や雑誌などの記事を中心に集めてきたのですが、歴史的な流れを追うという意味では、新聞記事はかなり使えます。

時代によって何がロボットと呼ばれているのか、そしてロボットと呼ばれているものがどのように受容されているのか。特に戦後のロボット言説の移り変わりに注目してみると、この国における科学技術と社会の関係を歴史的に考察する上で面白いものが見えてきます。

そういえば、ロボワン関係では、マイクロマウス時代のビッグボスや10年近く前のすがわらさん等の記事にも遭遇しましたよ!

歴史的な言説分析と平行して、ヒューマノイドロボット登場以降の、ヒューマンインターフェースの問題も扱うのですが、こちらはフィールドワークやインタビューでのデータが基本になりそうです。あとは、学会誌も。

さて、明日からちょっくら長崎まで足をのばします。取り残しの記事は日曜日の朝にでも再び某大学の図書館で。そして、月曜日はいよいよハワイに向けて出発です。
スポンサーサイト
2007-08-02 23:14 | ロボット論・学問 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://hirokatsuno.blog70.fc2.com/tb.php/137-e284d3f1
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。