スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
第19回ヒューマノイドカップ@ロボスクエア
20070505114035.jpg
 
昨日はヒューマノイドカップに参加してきました。

今回も30体近くのロボットが集まり、なかなかにぎやかな大会になりました。いつもに比べて、GP勢の参加が少なかったのですが、それでもスプリント3Mの予選通過の最低ラインが12.02という、なんともレベルの高い白熱した競技が繰り広げられました。

僕自身は、先日のKONDO CUP以来、ほとんど調整に時間を費やすことが出来ず、幾つかパンチモーションと起き上がりを確認するだけで大会に臨んだのですが、まさかここまで予選通過のタイムが厳しいものになるとは予想だにせず、16位までが通過できる状況で14位通過と、まさにハラハラの予選通過となりました。

つい最近までは20秒台でもバトルトーナメントに進出できていたのですが、今回はKHR2HVノーマルのイーグル1が9秒台を出しており、今後はさらに平均タイムの底上げがなされるのではないかと予測されます。そろそろ10秒フラットあたりが予選通過最低ラインになるかもしれません。まあ、相乗効果でバトルやサッカーなどの競技のレベルも上がることになるのでしょうけどね。

20070505113740.jpg

(調整室での一コマ。調整中の[で]かーる。なんだか生々しい[笑])

さて、決勝のバトル大会ですが、僕の一回戦の相手は遊さんのivre-vin・・・。そうなんです、いきなりivreです。まあ、対戦表を見たときには笑いしか出なかったのですが、せっかく強い機体と真剣勝負が出来るチャンスですし、色々と対策を考えて試合に臨んだのですが、信じられないくらいにあっさりと負けてしまいました。

なんといっても、予想外だったのは、その圧倒的なプレシャーです。先ずもって、どこに逃げていいのか分からなかった。まあ、最初から逃げざるを得ない状況に追い込まれている時点で勝負はついていたのでしょうけど、真正面から行っても勝てる見込みはほとんどなかったし、とりあえず距離をとりながら相手の出方を待とうと考えていたのですが、間合いを取るどころか、どんどん距離を詰められてしまいました・・・このように、「圧倒的に負ける」という経験をすると色々と次のことなどを考えさせられてしまいますね。
20070505142446.jpg

(こんなふうにダウンを取られていたとは…まさに逃げ場なしだったんだなあ。でも、背中にあるWILDERの名前が出たのは嬉しいぞ[五月五日朝日新聞朝刊より])

20070505114048.jpg

(どんたく期間中でお客さんの入りもなかなかでした)

20070505114101.jpg

(ivre対アリウス)

さて、大会のほうは、準決勝で激闘の末アリウスを破ったivreと、これまた延長サドンデスでアリキオンを破ったスーパーディガーが決勝戦で対戦。結果は1-0でivreに軍配が上がりました。まあ負けはしましたが、いつものごとくスーパーディガーは素晴らしいねえ。

さて、明日は博多リバレインの同じ会場でマノイアスリートカップがひらかれます。ワイルダー01はエキシビジョンでボールラッシュという競技に参加してきます。

最後に、遊さんとひろのっちさんは太っ腹!
スポンサーサイト
2007-05-05 14:36 | ロボットイベントレポート | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://hirokatsuno.blog70.fc2.com/tb.php/120-7eb087ca
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。